スマートフォン・自動車・医療などの精密部品を高精度で検査・選別

検査技術TECHNOLOGY

新しい検査機導入による検査技術向上

3Dステレオビューイングシステム立体画像を検査員が体勢を維持したままで検査することができる3Dビューイングシステムを採用しています。広視野のレンズを採用し、倍率も7段階に変化することが可能です。作業員の負担が軽減されることで長時間の検査、精密作業でも検査効率が下がりません。

快適な検査環境でのヒューマンエラー減少

空調・照明管理 各作業室の照明は、採光・光源・照明方法を考慮し、検査員の目に差異がでないよう最適な明るさを保ち、検査品質の低下を防ぎます。また空間の湿度・温度を一定に保つことで余分な塵・静電気を防ぎ、検査品質の低下を防ぎます。同様に検査員が快適な環境で作業することによるヒューマンエラーの防止にも繋がっています。